目の下にできるたるみを治療|美容外科で美人革命

注射での治療も可能

顔の手入れ

たるんだ皮膚による小じわ

目の下のたるみは、大きなものだと、除去するには皮膚や脂肪を切除する手術が必要となってきます。しかし比較的小さなたるみの場合は、注射で簡単に除去することが可能となっています。目の下の小さなたるみは、小じわを作ります。小じわは、皮膚がたるんで幾重にも折り重なることで生じるのですが、これはヒアルロン酸を注射すれば、その場で消えるのです。なぜならヒアルロン酸が小じわの内部に入ることで、重なった皮膚が内側から持ち上がるからです。また、目の下の皮膚がたるんでいると、目を強く閉じた時にも小じわができてしまいがちです。これは、筋肉によって皮膚が引っ張られることで生じるので、筋肉の動きを弱らせるボトックス注射を打てば、解消されます。

時間や体の負担の少なさ

ヒアルロン酸注射もボトックス注射も、いずれも数分程度で施術が終わります。事前のカウンセリングや会計の時間を含めても30分程度と短時間で終わるので、その点でも人気があります。しかも、術後の腫れはほとんどありません。注射針が入ることで、わずかに内出血が生じることがありますが、小さく薄いため、メイクで覆い隠すことが可能です。手術の場合は、術後の腫れも内出血も範囲が広く、隠すことはやや困難です。ところが注射なら、施術翌日でも問題なく人に顔を見せることができるので、仕事などを休む必要もありません。時間的な負担も体の負担も少ないため、この治療方法は注目を集めています。そのため、目の下のたるみが手術でなければ除去できないほどになってしまう前に、早めに美容外科で注射による治療を受けるという人は、増えていくことが予想されています。