目の下にできるたるみを治療|美容外科で美人革命

成長因子の注入

美容整形

体の負担の少ない治療

目の下のたるみを除去する治療は、一昔前は主に手術でおこなわれていました。しかし昨今では、注射のみでおこなうことが可能となってきています。具体的には、成長因子を注入するという治療です。人間の肌は、成長因子によって細胞分裂をおこなうことで、良い状態を保っています。この細胞分裂がおこなわれにくくなると、目の下の肌の状態が悪くなり、たるみが生じてきます。しかし成長因子を注入すれば、肌は再び細胞分裂を活発におこなうようになります。それにより、新しい肌細胞が増えれば、たるみを作っている古い肌細胞は、自然に消えていくことになるのです。手術と異なり出血や腫れなどの心配がほとんどないため、この方法での治療を希望する人は増えてきています。

自分自身の成長因子を使用

成長因子は、自身の体内に存在しているものが使用されます。具体的には、まずは血液を採取します。細胞分裂があまりおこなわれなくなった人の血液の中にも、まだ成長因子は残っています。その成長因子を培養して、なおかつ遠心分離によって余分なものを除去して純度を高めた上で、の目の下に注入するのです。量が増え、純度の高まった成長因子が注入されることで、その部分では急ピッチで細胞分裂がおこなわれるようになります。人の体内にもともと存在していたものを使用するわけですから、体は拒絶反応を起こしません。そういう意味でもこれは、体への負担の少ない治療と言えます。また、効果の持続期間は約2年となっています。その後は再び目の下のたるみが生じてきますが、もちろん再度治療を受けることが可能となっています。