目の下にできるたるみを治療|美容外科で美人革命

成長因子の注入

美容整形

昨今では目の下のたるみ治療は、自身の成長因子を培養して注入するという方法でおこなわれるようになっています。手術と異なり出血や腫れの心配はなく、もともと人の体内に存在している成長因子を使うので、拒絶反応の心配もありません。これにより細胞分裂が活発になれば、たるみは自然に解消されていきます。

読んでみよう

注射での治療も可能

顔の手入れ

目の下の皮膚のたるみは、小じわを作ります。この小じわは、ヒアルロン酸注射やボトックス注射で消すことができます。どちらも短時間で施術が終わりますし、ダウンタイムもありません。そのため仕事などを休む必要もないので、目の下のたるみが比較的軽度なうちに、この方法で治療する人は増えています。

読んでみよう

お顔の悩み

婦人

目の下のたるみやお顔全体のたるみはとても老け顔にしてしまいます。たるみ解消して若さを保ちましょう。お顔のお手入れを丁寧にすることがポイントです。ゆっくり優しく、お顔に触れ、お手入れしましょう。目の周りは十分に注意しましょう。

読んでみよう

眼窩脂肪と目元の魅力

注射

目の周辺にまんべんなく

目の下のたるみの原因の多くは、目の周辺の眼窩脂肪が垂れてきて、目の下に集まることにあります。本来眼窩脂肪は、眼球の周辺にまんべんなく存在しているのですが、年をとるとこれが下方向へと移動してくるのです。その結果目の下にたるみができるのですが、これは美容外科で、垂れた眼窩脂肪を抜き取ってもらうことで、改善されます。ただし、眼窩脂肪が目の下に集まるということは、目の上の眼窩脂肪が少なくなるということです。そのため目の下から眼窩脂肪を除去すると、目の上も下もくぼんだような状態になります。これを回避するためには、抜き取った眼窩脂肪を目の上に注入してもらうことが大事です。そうすることで、眼窩脂肪が目の周辺にバランスよく存在するようになり、目元は自然な美しさを取り戻すのです。

予防が困難な人の増加

なぜ加齢により眼窩脂肪が垂れてくるのかというと、眼窩脂肪を支えている皮膚と筋肉とが衰えてくるからです。したがって目の下のたるみは、日頃からスキンケアで皮膚に活力を与えていたり、顔のストレッチで筋肉を鍛えていたりすることで予防できます。ところが昨今では、女性が社会に出て働くことが増えてきたため、スキンケアやストレッチに十分に時間をとることができない人が多くなっています。加えて、仕事による疲れやストレスなどにより、目の下のたるみは、一層生じやすくなっています。そのため、美容外科での治療は注目されています。眼窩脂肪を移動させるだけで目元の魅力を取り戻せるので、今後多くの女性がこの治療を受けに美容外科に通うと予想されています。